Only this time 「ANSWER」
オフィシャルインタビュー

●ユニット名にした経緯は?

宮川大聖(以下宮川):前回の「神風エクスプレス」の時は「焚吐×みやかわくん」という名前で活動していたのですが、このところ自分の中で「みやかわくん」という活動名だけではなく、両親から授かった「宮川大聖」という名前も作品と共に残していきたいという思いを抱いていました。そんな中、今回たっくん(焚吐)と一緒に2回目の「名探偵コナン」の主題歌を歌わせて頂くという貴重な機会を頂き、それであればこの絶好のタイミングにコラボという形よりも、焚吐と宮川大聖の2人で構成されたユニットとしてリリースやライブ活動をしていきたいと思い、賛同してもらいました。

●今回のリリースは、「名探偵コナン」の話があって制作することが決まったのですね。

焚吐:前回の「神風エクスプレス」が好評を頂き、「名探偵コナン」の制作サイドからも「コナンに合っている」とか「前向きになれる」といった所を評価頂き、また2人で主題歌を担当してもらえないかという所から制作がスタートしました。

●「Only this time」というユニット名はどちらから提案されたんですか?

宮川:僕から提案しました。「Only this time」というユニット名には、“今しかできないこと”という意味が込められていて、過去に捕われず、とにかく今を大事にしたい、この瞬間にしかできない作品を生み出していきたいという思いを込めています。僕らは常に何かを生み出さなきゃいけない、言わばクリエイターでもあるので、その都度思い浮かんだものを大事にしていきたくて、このユニット名でやっていけたらいいなと思い提案させてもらいました。

●その提案に対して焚吐さん的にはどのように思いましたか?

焚吐:「神風エクスプレス」からの地続きではあるんですけど、常に新しいことにも挑戦していくということで、今回サウンドプロデュースにMY FIRST STORY(マイファス)のベースのNobさんにアレンジメントからサウンドプロデュースまで携わって頂いたりだとか、とにかくJust Now! 今新しいことをやるという思いにぴったりのユニット名だなと思いました。そして、「みやかわくん」という言わばベールみたいなものに包まれていた存在が、「宮川大聖」と本名を出すことによって、彼の核の表現というものが出てくるんじゃないかなと思いました。

●表題曲の「ANSWER」は、宮川さんの作詞作曲となっていますが、「名探偵コナン」を意識した所からデモ作りを始めましたか?

宮川:そうですね。とにかく頭の中では「名探偵コナン」を見ている自分を客観的に想像して、「こういうオープニングだったら嬉しいな」とか、「こういう曲ならモチベーションが上がるな」という感覚を研ぎすませながら考えていきました。例えば画面的にも、コナン君が夜の街を駆け抜けて行く映像だったり、黒の組織と戦っているコナンくんだったり、スケボーに乗っているコナン君だったり……、色んなコナンくんを想像しながらイメージを膨らませていきました。順番的には、まずNobさんから頂いたオケのデモにメロディを付けて、そこに歌詞を乗せていくという行程で完成させていきましたね。

●Nobさんからのオケ先だったんですね。そもそもマイファスさんとのコラボが実現した経緯は?

焚吐:以前2人でライブを観させていただく機会がありました。楽曲群は知っていたんですけど、実際ステージを拝見したのは初めてで、「こんなに芯の通ったサウンドがあるのか」と改めて衝撃を受けました。Only this timeが今コナンのオープニングとしてやりたいのは、「ロックサウンドだよね!」って話をしていた流れから、「是非マイファスさんにお願いできないかな?」という話になり依頼してみました。すると僕らの楽曲も聴いてくださり、楽曲の世界観に興味を持って頂いたり、僕とみやかわくんの声に魅力を感じて頂いてサウンドプロデュースを請けて頂けることになりました。

●Nobさんのオケに対して、スムーズにメロディを乗せることができましたか?

宮川:実は結構苦戦しました(笑)。自分の中で世界観的に見えていたものがあったんですけど、それを形にするのがすごく難しくて……。そもそも僕自身ここまで直球なロックサウンドは初めての経験だったので、もちろん楽しく制作させて頂いたんですけど、途中壁にぶつかることもあって、とにかくアニソンと言われる曲を片っ端から聴いて勉強しました。それからマイファスさんのアルバムも全部聴き込んで、どうしたら彼らの音楽性に近づけるか考える時間を沢山設けました。試行錯誤する中、制作チームの感想や意見なども聞きながら進めていったのですが、自分ではいいかなと思ったメロディも、「これではつまらない」と賛同を得られなかったり。正直、自分にはロックサウンドやアニソンは向いていないのかもと自暴自棄になった時もあったんですけど、絶対妥協したくないという元来の性格や、マイファスさんのサウンドにメロディもヴォーカルも負けたくないという強い思い、そして何よりマイファスさん側にも僕らと一緒に仕事が出来て良かったと思って頂きたい一心で何度も作り直しをしてようやく完成させましたね。

●2番のAメロではラップが登場しますが、その辺のアイデアはメロディを作る段階で生まれていったんですか?

宮川:単純に1番と同じ展開ではなくてちょっとギミックを効かせて、「ここでラップ来るか!」みたいな衝撃を与えたいと思いました。ラップ部分だけはメロディを作る段階である程度歌詞も一緒に付けていきましたね。僕はラップがそんなに得意ってわけではないんですけど、最近ソロ作品でもラップを取り入れることが多かったので、この曲でも自分の味を出しつつ、ロックだけどラップが登場するという意外性も楽しんでもらえたらと思って、思いきって取り入れてみました。

●今回の歌詞はご自身の心情を投影している部分もあるのですか?

宮川:僕の心情を投影してはいないですね。最初にお話したように今回はとにかく「名探偵コナン」の世界観を重視したのと同時に、譜割やリズムに合わせて、「ここでこの言葉を入れたら綺麗にはまるな」とか、「ここにインパクトのある言葉を持ってきたらより耳に残るな」ということを重視しながら作っていきました。もちろんラップの部分は韻を踏んだり、歌詞全体を通してストーリーを描いたというタイプの歌詞ではなくフレーズ重視で綴っていきました。

●焚吐さんはどの段階で最初に聴きましたか?

焚吐:1コーラス上がった段階です。疾走感があり、宮川大聖の新しい魅力が発揮された楽曲だなという印象でした。

●自分が歌うことをイメージした時にはどう思いましたか?

焚吐:コナンのオープニングとしても、Only this timeの作品としてもバッチリ合うと思いましたが、自分が歌うことには不安がありましたね。今まで歌ったことのないジャンルというか、ロックは歌ってはきましたがここまで声を張り上げたり、畳み掛けるように高音が続く楽曲は自分のソロではなかったので、そこはちょっと不安がありました。でも、レコーディングの際Nobさんがブースに入ってきてくださって、「ここはこういう想いを込めた歌詞だと思うから、こういう歌い方をした方がいいんじゃないか」など色々ディレクションしてくださり、自分の中で噛み砕きながら立ち向かいつつ、何とか乗り越えることができました。

●ラウドなロックの曲をプライベートで聴くことはあるんですか?

焚吐:聴くことはありますがメインストリームではないので未知の領域でしたが、だからこそいい経験になりました。

●2人の歌い分けはどう決めていきましたか?

宮川:「神風エクスプレス」の時は交互に歌う形を取っていたのですが、今回は声の特性を生かした歌い分けにしています。例えばラップは僕が担当させてもらったり、2番の「空になった心の奧で 集めた欠片を重ねて創った涙も」の部分はピアノが入ったりして急にすごく綺麗なサウンドになるんですね。こういうサウンドには絶対にたっくんの声が合うなと思ってお願いしたり。あと自分的にはサビを任せるというのは大きな決断ではあったんですけど、自分が求めていた特有の声の張り方だったり、魂のこもったヴォーカルに感動してお願いすることにしました。 元々僕がたっくんの楽曲を本当に好きで、自分から声を掛けさせて頂いたところから2人の関係が始まったんですけど、これはあくまで個人的な感想として、彼の楽曲を全部聴きこんでいる中で彼がそんなに声を張り上げて歌っている印象がないんですよね。今回の曲は自分で作っておいてなんですが結構キーが高めで、僕でもちょっと歌えるかなくらいの高いキーだったので心配もあったんですけど、各自それぞれにレコーディングをした後、たっくんのヴォーカル音源を聴かせてもらった時にめちゃくちゃ感動したんですよ。リスナー的視点でいうと、「これを求めていたんだ!」っていうものが届いたので、僕的には本当に感無量で、サビは安心して任せようと決めました。

●特にサビの部分に感動したのでしょうか?

宮川:そうですね。自分が新しい焚吐を引き出すことができたのかなって(笑)。すごく嬉しかったし、そういう新鮮さがOnly this timeらしいのかなって。お互いがお互いの良さ、新しい引き出しをどんどん開けていけているような気がしてとてもいいなと思いました。

焚吐:僕的には詞曲をした人が100%譜割りを考えるべきだと思っているんです。何故かというと、例えばアレンジメントをした人がシンセの音を生音で録り直そうという時に、バイオリンソロの所をレコーディング現場で勝手にギターに変えてしまったらおかしいじゃんみたいな話と同じで、やっぱり譜割含め詞曲を担当した宮川くん、そしてサウンド面ではNobさんに一任して、自分は声だけで勝負しようということで今回は制作に挑みました。極端な話、仕上がりが良ければどんな歌い分けでもいいと思っていて、例えば最初の3分間全部宮川大聖で、残り30秒だけ焚吐みたいな、曲としてカッコ良ければ何でもいいと思っていましたね。そんな中で今回サビを僕に一任してくださったのはすごく光栄だと思っているし、「ANSWER」って曲が広く伝播していくにあたって必要なことだったのかなと思います。

●実際サビを歌ってみていかがでしたか??

焚吐:「引き出されたな〜」って感じで(笑)。やっぱり自分の適正音域っていうものは自分が一番分かっているので、自分がソングライティングする際にはそれに則って作ってしまうんですよね。この曲は、「焚吐の魅力はそこだけじゃないよ」と言われているような、「もっと可能性を秘めてるよ」と突きつけられたような気がして、身が引き締まる思いでした。

●MVはシリアスな内容になっていますね。

宮川:監督さんが打ち合わせの段階からよく“不明瞭”ってワードを使われていたのですが、「答えを見つけ出していく」とか「光を求めて」みたいな部分に関してうまく再現していただけたかなと思っています。精神世界を描いたシリアスでディープな映像になっているので、一見難しく感じるかもしれませんが、じっくり鑑賞していただくと楽曲に通づるテーマを感じていただけるのではないかなと思います。

●2曲目の「eye」は宮川さんのソロ曲になっていますが、どのように作っていきましたか?

宮川:これも「名探偵コナン」を意識して作った曲です。コナンのオープニングのカップリングということで何曲か候補を挙げた内の一曲なんですけど、自分的に歌詞も曲調も最もコナン君にぴったりだなと思ったのでチョイスさせて頂きました。

●ギターの西川進さんはじめ確かな演奏陣に支えられサウンドメイキングも緻密ですね。ライブ感、臨場感溢れるバンド演奏に乗ってクールに歌い上げるヴォーカルが印象的でした。

宮川:まさかあの西川進さんにギターを弾いて頂けると思っていなかったので未だに実感が湧かないんですけど、トラックダウンの時に初めてご一緒させて頂きお話をさせて頂く中で、色々と学ばせて頂くことがありました。それに、西川さんもすごく強いこだわりを持っていらっしゃるのと同様に、僕もすごくこだわりが強い方なので、いい意味で意見をぶつけ合いながら制作を進めさせて頂きました。自分としてはまずそうやって議論を交わせたことが光栄で、西川さんが真剣に僕のこだわりを汲み取ってくださったことも嬉しかったし、感謝しています。

●こだわりというのは具体的にどういうことだったんですか?

宮川:個人的にこの「eye」という作品は、今まで自分で作詞作曲してきた楽曲の中でも特にお気に入りなんですね。だから僕的には編曲にもこだわりたくて。でも西川さんやベースのKENKENさんなど大御所の方々に自分から提案するなんて恐れ多くて最初は言えなかったんですけど、やっぱり作品を作り上げる上で妥協したくないっていう気持ちと、逆にここで消極的になっていたら認めてもらえないんじゃないかと思って、例えば「ベースのこのスラップ部分を、僕の譜割りに合わせて欲しい」とか思いきってお願いしたら、「いいね!いいね!」みたいな感じでノリノリでやってくださったのですごくホッとしました。「音楽ってこうやって作っていくんだな」って改めて音楽を作る楽しさを教えていただけた、とてもいい制作現場でしたね。

●すばり歌詞のテーマは?

宮川:タイトルの「eye」は、“真実を見抜く瞳” という意味合いを込めています。歌詞はかなりコナンくんに寄せて書いていて、コナン君側の心情と、捕まえられてしまう犯人側の心情を交互に綴った歌詞になっています。おそらくコナンファンだったら喜んでくれる歌詞になっていると思いますね。

●焚吐さんのソロ曲「ダサい人たち」(M-3)は、今回の収録用に作った楽曲なんですか?

焚吐:はい。他の2曲を聴いた後、両曲がやっていないことをやろうと思って作った作品です。

●こちらは実際対象になる人物が居て歌詞が描かれていったのでしょうか?

焚吐:僕の楽曲は100%そうですね。この歌詞にある描写がオールノンフィクションってわけではないんですけど、日々漠然と思っていることだったりを綴っています。テーマとしては、“過去の自分を肯定したい”という思い。ありがちなことだと思うんですけど、学生時代音楽をやっていたことで少し冷めた目で見られてしまうことがあったんですよ。その馬鹿にしてきた人達の鼻を明かしたいみたいな思いがすごく強くて、ダサいまま身を滅ぼすなら、それが一番カッコいいんじゃない?って内容になっています。

●楽曲全体の世界観はソロでやっている音楽性とリンクすると思いましたが、Only this timeだからこそ取り入れたことはありますか?

焚吐:ロックを突きつけめていきたいということで、詰め込みたい言葉が多かったので自ずと畳み掛けるような歌詞になったのかなって所と、最近変拍子にハマっていて曲全体が3拍子なんですけど、一瞬5拍子になったりだとか、サビはブレイクの所だけ何故か5拍子になったりだとか、結構トリッキーなことをやってます。

●アレンジャーの薮崎太郎さんとも細かくやりとりしながら作っていったんですか?

焚吐:元々弾き語りで曲の構成も上げたんですけど、薮崎くんに注文したのは「変則的な曲にしたい」「ドラムも一辺倒じゃなく、ハイハットも多めでとにかく変なアレンジにしてください」とお願いしたんです。そしたら「ここまでやる?」くらいのものが上がってきて、2番サビ終わりの間奏も良い意味でハチャメチャにしてくれていて、リスペクトを持って挑んでくれているなということがすごく伝わってきました。

●サビ終わりのブレイクの所はインパクトがありますね。

焚吐:それこそアニソン意識という意味では全然ジャンルは違うんですけど、「おジャ魔女カーニバル!!」のラストが、何であそこだけ拍子が違うんだろうってずっと疑問に思っていて、大学に入って色々楽典的なことを学んでいくにつれて、「これが変拍子なのか」って名称が分かって、「じゃあ僕もおジャ魔女カーニバル!!をやろう」みたいな(笑)。シリアスな曲ではあるんですけど、展開的にはこの曲もアニソン軸になっています。

●ヴォーカルレコーディングはいかがでしたか?

焚吐:メリハリを付けられるように意識しました。アルペジオを使って敢えてサビが盛り上がらない曲にしたいってことで作り始めた曲なので、どれだけサビでトーンダウンして、尚且つ心の熱さみたいなものを伝えられるかという所で物凄く気をつけて歌いました。

●では最後に、8月10 日にROCKIN’ JAPAN FESに初出演されるそうですが、意気込みをお願いします。

宮川:今回豪華なバンドメンバーの皆さんと共に出演させていただく予定なので、バンド陣のクオリティーの高い演奏に負けないくらいの破壊力で挑みたいと思っています!!

焚吐:何と言っても野外フェスなので、そこを意識して、とにかく開放的に体が自然と乗ってしまうようなステージにしたいと思っています。「ANSWER」のMVはどちらかというと閉鎖的な、精神世界みたいなものが表現された作品だと思っているので、そことは対極に夏フェスでは弾けられるように頑張ります!!


© BEING,INC.ALL RIGHTS RESERVED.